[PR]

 昭和の雰囲気が残る岡山市東区西大寺中3丁目の五福通りで26日、「レトロ・マルシェ」が開かれた。映画「ALWAYS 三丁目の夕日」や実写版「魔女の宅急便」のロケ地として知られる長さ200メートルほどの通りに約50軒の出店が並ぶ。訪れた家族連れらは剣玉や射的、買い物など思い思いに楽しんだ。

 マルシェは2014年に始まり、今回が10回目。歴史ある町並みを多くの人に知ってもらおうと岡山商工会議所などでつくる実行委員会が春と秋に開催している。

 西大寺地区は金陵山西大寺の門前町として発展し、明治以降も商業地として栄えた。木造2階建て店舗の前面をモルタルなどで平面に仕上げ、西洋風の意匠を取り入れた「看板建築」が通りに何軒も残る。昭和の初めの道路拡幅の際に造られ、年代がそろっていることが特徴だという。

 「魔女飛び撮影会」では、幅広…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら