[PR]

 日本列島が高気圧に覆われた26日、県内各地でも気温が上昇し、14観測地点のうち10地点で5月の観測史上最高気温を記録した。

 水戸地方気象台によると、大子町で35・5度となり、今年県内で初めての「猛暑日」(35度以上)を観測した。このほか、古河市で34・6度、水戸市で33・4度など、計12地点で「真夏日」(30度以上)だった。

 昨日からの高い気温を保ったまま県内全域が高気圧に覆われた中、風が弱かったことが理由という。

 県内は28日まで30度超えの…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら