[PR]

 韓国財界を代表する団体、全国経済人連合会(全経連)は26日、日韓関係の悪化によって日本国内で活動する韓国企業の約5割が何らかの悪影響を受けているとの調査結果を発表した。同会は「関係悪化に伴う経済への影響の懸念が現実化している」として両政府に改善を訴えた。

 調査は、元徴用工らへの損害賠償判決問題などで日韓の外交関係が悪化していることを受けて実施し、4月中旬から約1カ月間で日本で活動する64社から回答を得た。53・1%が関係悪化で「ビジネス環境が悪化した」と回答。31・2%が「売り上げが減少した」とした。

 今後の見通しも「改善する」と…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら