元プロ野球選手でタレントの板東英二さんは、降旗康男監督の映画「あ・うん」(1989年)に出演して日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞している。26日、朝日新聞の取材に応じ、あるシーンの直接指導など思い出を語った。

     ◇

 当時、降旗監督とは六本木の喫茶店でお会いし、「あ・うん」に出演することになりました。私は演技に関しては素人ですし、なぜ自分なのか分かりませんでした。後に聞いた話では、主役の高倉健さんの指名だったそうです。

 撮影ではっきり覚えているのは…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら