拡大する写真・図版紙芝居「ちっちゃい こえ」から。丸木俊・位里夫妻が描いた「原爆の図」から登場人物などを切り取って制作された(童心社提供)

[PR]

 被爆の惨状を描き、反戦反核の象徴として広く知られる「原爆の図」をもとに、米国出身の詩人アーサー・ビナードさんが、脚本を手がけた紙芝居が先月出版された。ビナードさんが「紙芝居」という手法を選び、伝えたかった原爆の本質とは――。

拡大する写真・図版「原爆の図」を背景に紙芝居を実演したアーサー・ビナードさん=5月17日、埼玉県東松山市

 「原子爆弾は あたらしい ころしかた。じりじり じりじり あとから あとから ころされる」

 5月17日、埼玉県東松山市の「原爆の図 丸木美術館」。故丸木俊・位里(いり)夫妻が描いた「原爆の図」を背景に、紙芝居を実演するビナードさんの声が響いた。原爆投下前後の広島を描いた紙芝居「ちっちゃい こえ」だ。

 ビナードさんと紙芝居の出会い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら