[PR]

 シンガー・ソングライターの椎名林檎が、デビュー22年目の27日、5年ぶりのオリジナルアルバム「三毒史」を出した。宮本浩次、櫻井敦司ら6人と歌で共演し、オーケストラなども駆使した自在なサウンドに乗せて描くのは、人間の生と死。昨年40歳になり、大きな変化があったという。

 「ここまでよく無事でいられた、本当に長い道のりだった、という認識なんです」

 そう語る椎名は、「本当に」という言葉に特に力を込めた。10代の頃から、書きたいことを自由に書ける立場になるには、様々な戦いに勝って40代を迎える必要があると考えていた。

 「40になったらどなたも『生意気』とは言ってくださらないでしょ。思い切り書いても自分の責任。早く自分を試したくて、カウントダウンしていました」

 「三毒」は人間の三つの煩悩を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら