[PR]

 安倍晋三首相は27日午前、東京・元赤坂の迎賓館で、国賓として来日したトランプ米大統領と会談した。トランプ氏は冒頭、日米貿易交渉について「おそらく8月に両国にとって素晴らしいことが発表されると思う」と語った。首相が6月中旬に訪問を調整しているイランについて「首相とイランが良い関係を築いていることを知っている。何が起きるか見てみよう」と述べ、期待感を示した。

 会談は午前11時過ぎから始まった。首相は冒頭、「北朝鮮問題をはじめとする国際社会が直面する様々な課題、日米経済、G20(主要20カ国・地域首脳会議)の成功に向けてしっかりと日米の調整を図っていきたい」と語った。

 これに対し、トランプ氏は日米貿易について「我々は多くのビジネスを行ってきたが、米国は少しだけ日本に追いつく必要がある。貿易収支は急速に改善されるだろう」と述べた。

 日米貿易交渉をめぐってトランプ氏は26日、ツイッターに「多く(の成果)は7月の選挙後に待つ」などと投稿、交渉妥結は夏の参院選後に持ち越す意向を示した。一方で「日米貿易交渉では大きな進展が起きつつある」とも記した。首脳会談やその後の共同記者会見で、トランプ氏が農産物や自動車などで踏み込んだ発言をするかが焦点となる。会談に先立ち、茂木敏充経済再生相は25日、ライトハイザー米通商代表と閣僚級会合を行った。

 また、首相は米国がイランと対立する中、イランと伝統的に友好関係にある日本として仲介役を果たしたい考えだ。この日の首脳会談の冒頭でトランプ氏は「イランが対話を望むなら、我々も話したいと思う」と語った。

 北朝鮮問題で安倍首相は、条件をつけずに金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との日朝首脳会談をめざす意向を表明しており、トランプ氏とは改めて日米の協力について協議。トランプ氏は首相との会談後、迎賓館で拉致被害者家族と面会する予定だ。日米は、北朝鮮が9日に発射した短距離弾道ミサイルなど最新の情勢を踏まえ、非核化に向けた対応もすり合わせる。

 首相とトランプ氏の首脳会談は、4月に首相がワシントンを訪問して行われて以来、11回目。トランプ氏は6月28~29日に大阪で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席し、改めて首相と個別に会談する見通しだ。

 首相は、26日のゴルフ、大相撲観戦などでトランプ氏を手厚く歓待した。貿易交渉で強硬な要求をされることを避けるとともに、今回の日本訪問を通じてトランプ氏との蜜月、日米同盟やG20首脳会議の成功に向けた連携を参院選前にアピールしたい考えだ。

今後の主な政治日程

6月中旬 首相、イラン訪問?

  26日 通常国会会期末

  28~29日 大阪で主要20カ国・地域(G20)首脳会議、日米首脳会談

7月? 参院選

8月24~26日 フランスで主要7カ国首脳会議(G7サミット)

10月1日 消費税率を10%に引き上げ予定