[PR]

 親が育てられない子供を匿名で預かる熊本市の慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)に2018年度、預けられた子どもは7人だった。熊本市が27日、公表した。このうち4人は、医療機関や助産師の助けを借りずに自宅などで産む「孤立出産」だった。07年5月の開設以来、受け入れた人数は計144人になる。

 市によると、預けられたのは男の子4人、女の子3人で過去2番目に少なかった。5人が生後1カ月未満の新生児で、うち3人が生後7日未満だった。ほかの2人は生後1年未満だった。親の居住地は近畿と中部が各2人、中国地方が1人、熊本県以外の九州が1人、不明が1人。虐待など刑法上の問題があるとみられるケースはなかったという。

 赤ちゃんポストには08年度に最多の25人が預けられたが、11年度以降は年間10人前後で推移。過去最少は16年度の5人、17年度は7人だった。また、慈恵病院が24時間受け付けている妊娠や出産に関する電話相談の18年度の件数は6031件で、前年度に比べて1413件減少している。相談件数の減少について、市は「他にも様々な相談機関が出来たことが要因と考えられる」としている。(白石昌幸)