[PR]

 夫婦別姓を選択できない戸籍法の規定は憲法に反するとして、国に損害賠償を求める訴えを起こしているソフトウェア会社「サイボウズ」(東京)社長の青野慶久さん(47)が27日、出身地の愛媛県今治市で、選択的夫婦別姓の法制化を国に求める意見書を提出するよう市議会に陳情した。

 「国会議員に働きかけてもなかなか動かない。地方から、待っている人がいるんだと声を上げていきたい」。27日朝、今治市議会事務局を訪れた青野さんは陳情の書面を職員に手渡し、こう訴えた。書面では「男女ともに生まれ持った氏名で信用・実績・資産を築いてから初婚を迎えるケースが多い」とし、「男女がともに活躍できる社会実現のためにも、選択的夫婦別姓について国会で審議するよう求める」意見書を出してほしいと求めた。

 青野さんは今後、愛媛県議会や松山市議会にも請願や陳情をする予定だという。

 青野さんは昨年1月、戸籍法が…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら