[PR]

 戦前戦中に宝塚歌劇のスターとして活躍し、広島に投下された原爆で32歳で亡くなった園井恵子さんが、歴代のスターやスタッフを顕彰する施設「宝塚歌劇の殿堂」に、新たに加わることになった。31日から紹介ブースが公開される。

 園井さんは岩手県生まれ。1930年に初舞台を踏み、伝説のトップスターとして知られた春日野八千代さんらと共演。42年に退団後は、映画「無法松の一生」にヒロイン役で出演した。慰問公演などをした移動劇団「桜隊」の活動で広島にいた45年8月6日に被爆。神戸市で21日に亡くなった。歌劇団を運営する阪急電鉄は、「宝塚レビューの黎明(れいめい)期に初舞台を踏み、戦争が暗い影を落とす時代にかけ、高い演技力で多彩な役柄を見事に演じ活躍した」としている。

 宝塚歌劇の殿堂は2014年、100周年を記念して宝塚大劇場内(兵庫県宝塚市)にオープン。春日野さん、乙羽信子さん、越路吹雪さんといったスター、演出家、歴代理事長ら100人が選ばれ、ゆかりの品々を展示している。16年に4人を加え、園井さんで105人となる。(尾崎千裕)