[PR]

 世界で初めて小惑星に人工のクレーターをつくることに成功した探査機「はやぶさ2」が30日、クレーター付近への着陸に向け、目印の投下に成功したと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。順調なら6月下旬にも、小惑星「リュウグウ」に2度目の着陸をする。

 はやぶさ2はこの日午前11時半ごろ、小惑星の上空約10メートルまで降下し、着陸の際に目印となるターゲットマーカーを投下した。JAXAは、目印がクレーターの近くに着地したことを確認した。クレーター周辺の地表も断続的に撮影できたという。

 はやぶさ2は今月16日、降下中に高度計の切り替えがうまくいかず、目印を投下する前に緊急上昇していた。今回は高度計を調整して再挑戦していた。

 はやぶさ2は2度目の着陸で、クレーター付近から石や砂を採取する計画。地中で放射線や熱にさらされてこなかった、太陽系ができたばかりのころの姿を保つ試料を地球に持ち帰る計画だ。(石倉徹也)

【動画】はやぶさ2の次のミッション・人工クレーター作成はどのように?