[PR]

 オーストリアの国民議会で27日、中道右派・国民党のクルツ内閣に対する不信任案が可決された。内閣不信任案を提出した最大野党の社会民主党に加え、幹部の不正疑惑で連立政権を追い出された右翼・自由党が賛成に回った。しかし、9月に前倒しされる総選挙でクルツ首相が政権に返り咲く可能性もあり、政局の混乱が深まった。

 新たな首相と内閣は、近く大統領によって任命される。32歳のクルツ氏は若さに加え、「移民流入阻止」などの政策を掲げて有権者の支持を集めたが、約1年半で政権から退く。同国での内閣不信任は第2次大戦後初めてという。

 今月、連立相手の自由党の指導…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら