[PR]

 道県の枠を超えて、山梨県都留市をはじめ全国各地の5自治体が共同で利用する首都圏の活動拠点が6月1日、東京駅前に生まれる。大都市から地方へと移住を検討する人たちが気軽に相談できる窓口などとして、北海道から鳥取県までの2市3町が手を携える。

 都留市の他に参加するのは、北海道東川町、福島県伊達市、鳥取県の湯梨浜町と南部町。いずれも国が地方創生施策の一つとしている「生涯活躍のまち」づくりに取り組んでいる。

 誕生する拠点は「カラフル」と名付けられた。

 「カラ」には各地の特色あるま…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら