[PR]

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致の是非を検討している横浜市は27日、国内外の民間事業者から寄せられたIRの構想案などをまとめた調査報告書を公表した。市の募集に応じた12事業者すべてが横浜港の山下ふ頭(中区)での整備を想定。横浜でのIR開発に対する期待感を反映し、1兆円を超す投資見込み額を示した事業者もいた。

 昨年7月のIR実施法成立を受け、市はIR参入に関心がある民間事業者に対し、市内にIRを開発する場合の構想や立地場所、ギャンブル依存症対策などの「情報提供」を依頼。参加した12事業者への聞き取りなどを踏まえ、報告書をまとめた。

 立地場所は、市が候補地を明示していないにもかかわらず、12事業者ともかねて取りざたされていた山下ふ頭を挙げた。面積が約47ヘクタールと広く、市中心部に位置しているうえ羽田空港にも近く、交通の便がよいことなどが評価された。

 施設整備では、国内最大級の国…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら