[PR]

 満足できるように眠れない人は、年齢とともに増える。加齢により増える病気が一因のこともある。眠りを妨げる病気があれば、きちんと治療することが重要だ。その一方、高齢になれば若いころよりも短い睡眠時間で十分になる。睡眠の質を上げるため、生活習慣を見直すことも選択肢になる。

 福岡市在住の女性(75)は2年ほど前から日中、我慢できない眠気に襲われるようになった。眠気のために外出をおっくうに感じることもあった。新聞に載っていた、睡眠障害の一種「ナルコレプシー」の症状が自分とそっくりだったので、睡眠を専門にする市内の福岡浦添クリニックを受診した。

 山口祐司院長は、ナルコレプシーになるのは若い人が多いため、別の睡眠障害を疑った。正確に診断するため、クリニックに1泊して脳波や心電図、筋電図などのモニターをつけたまま眠る「睡眠ポリグラフ検査」を勧めた。

 女性が今年5月に検査を受ける…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら