【動画】近くを走っていた車のドライブレコーダーに映っていた事故前後の様子=読者提供
[PR]

 津市の国道23号で昨年12月、タクシーと乗用車が衝突して4人が死亡した事故で、三重県警は28日、乗用車を運転していた元ソフトウェア会社社長末広雅洋容疑者(56)=津市白山町二本木=を自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで逮捕し、発表した。

 県警によると、末広容疑者は昨年12月29日午後9時50分ごろ、津市本町の国道23号で制御するのが難しいほどの速度で乗用車を運転。国道を横切っていたタクシーに衝突し、男性運転手(当時44)と乗客の男性3人を死亡させ、1人に大けがを負わせた疑いがある。末広容疑者は「事故当時の速度はよく分からない」と一部否認しているという。

 現場は片側3車線の直線道路。県警は周辺を走っていた車のドライブレコーダーの映像などから、乗用車が事故の直前、法定速度(時速60キロ)を大幅に超える時速140キロ程度で走行していたとみている。

 乗客4人は空調設備会社の同僚らで国道沿いの飲食店で忘年会を開いた後、タクシーに乗車。タクシーは店の駐車場から国道に出て、中央分離帯の開口部を横切って反対車線に出ようとしていた。開口部は事故後、封鎖された。

 県警はタクシーの運転手について、容疑者死亡のまま自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで書類送検する方針。