[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画をめぐり、防衛省の原田憲治副大臣は28日、山口県庁で村岡嗣政知事らと会談した。健康などへの影響を調べる適地調査の結果、「安全に配備・運用できる」と同県への配備を目指す考えを伝えた。村岡知事は調査結果を検証する方針を示した。

 会談には、配備候補地の陸上自衛隊むつみ演習場がある同県萩市の藤道健二市長、隣接する阿武町の花田憲彦町長も同席した。

 原田副大臣は、住民から不安の声が出ていたレーダー波の人体への影響について、すべての観測地点で基準値を下回ったとして「健康に影響を及ぼすものではない」と結論づけた。演習場付近を流れる地下水などについては、水量や水質に影響が出ないよう施設を整備していく考えを示した。

 村岡知事は「内部で確認する必要がある」と述べ、「地域の不安や懸念がある。丁寧に説明してほしい」と注文をつけた。有権者の半数あまりが配備に反対している阿武町の花田町長は、移住定住施策への影響について「考察がなかった」と、国に回答を求める意向を示した。一方、会談後には配備の撤回について「法的な手段では難しい」との見解を示した。(金子和史)