[PR]

 世界の音楽配信サービスで、日本の楽曲が流れやすくする支援を、政府が6月から始める。配信サービスに楽曲をのせるために必要な「楽曲情報」を英訳する費用などを補助する。国内の音楽市場が伸び悩むなか、海外の利用者にも発信し、アーティストが稼げる態勢を整えるのが狙いだ。

 配信される音楽には、楽曲データそのものに加え、歌手名や発売日、著作権者名などを記した付帯情報がついている。米アップルや米アマゾンなどの世界大手の配信サービスで楽曲にのせるには、この付帯情報を英語にしなければならず、日本の楽曲にとって障壁の一つ。大手レコード会社でも整備が進んでいないのが現状だという。

 そこで、経済産業省の補助金メニューを使い、6月から楽曲情報の英訳づくりや配信事業者に合わせた仕様変換に投じた費用を半額(上限1社2千万円)まで肩代わりする。申請は来年1月末までの限定。中国のIT大手テンセントなどに向け、中国語訳も補助の対象にする。

 世界の音楽市場は、CD販売か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら