[PR]

 川崎市多摩区の公園付近の路上で28日朝、小学生らが刺された事件で、5人が搬送された聖マリアンナ医科大学病院(川崎市宮前区)の平泰彦副院長と大坪毅人副院長が同日午前11時から記者会見した。

 平副院長は、5人のうち50代の男性が死亡し、40代女性1人と小学生女児3人が重傷だと説明。主に首と上胸部、顔に鋭利なものによる切り傷や刺し傷があったという。けがをした4人は治療中だが、いずれも会話は可能だという。

 死亡した女児(11)と男性(39)を含む4人が運ばれた日本医科大学武蔵小杉病院(川崎市中原区)では、28日正午から田島廣之院長と松田潔副院長が会見した。

 松田副院長によると、同病院からは救急車2台に医師と看護師が1人ずつ乗って出動。現場に医師らが到着した時、女児はすでに心肺停止状態だった。右鎖骨部から首の左側にかけて深い刺し傷が1カ所あり、蘇生措置をしながら搬送したが、午前10時27分に死亡が確認された。

 男性は首の前側と左の鎖骨部と背中2カ所の計4カ所に刺し傷があった。医師らが到着した時点で心肺停止状態で、現場で蘇生措置を始めたが、午前11時25分に死亡が確認された。

 ほかに搬送された6歳の女児2人は顔や手に切り傷を負っていたが、命に別条はないという。

 松田副院長は「犯人に激しい怒りを感じている。被害者には同情の念を禁じ得ない。どうしても命を救えず残念な気持ちでいっぱいだ」と話した。

 川崎市立多摩病院(川崎市多摩区)には6~12歳の子ども計5人が運ばれた。病院によると、1人が肩を切られており、手術を受けたが重傷ではない。ほかの4人は軽傷という。