[PR]

 公立福生病院(東京都福生市)の人工透析治療をめぐる問題で、病院は都に対し、業務の改善報告書を提出した。都が4月、診療記録の内容の不備などについて改善指導したことを受けた対応で、都は改善策が適切に運用されているか今後も確認していくという。

 病院をめぐっては、透析を始めなかったり、中止したりした後に患者が亡くなったケースが判明。都などによると、病院は報告書で、患者側から治療中止の同意を得る文書に同意は撤回できるとの内容を明記したほか、診療記録の内容のチェックや医師らへの研修を強化することなどを盛り込んだとしているという。

 都は「おおむね改善されている」としたうえで、引き続き運用状況を注視する方針。