[PR]

 日本テレビは28日、バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」のインドでのロケ中に、お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞんさん(34)が左足首を骨折したと発表した。治療には約2カ月かかる見込みだが、負担のかからない範囲で仕事を続けるという。

 日テレによると、みやぞんさんは現地時間24日夕、番組の企画で走って木の板を踏んでジャンプし、火の輪をくぐる挑戦をしていたところ、着地で左足首をひねってしまったという。すぐにロケを中止して現地の病院で応急処置を受け、帰国した27日に改めて病院で診察を受けたところ、左足首の骨7ミリほどが欠けていたとわかった。

 日テレは「現地の方の指導の下、本来は土の上に着地しているパフォーマンスを、マットを敷くなど安全に配慮してロケをしていたが、このような事態となったことをおわび申し上げます。今後は番組制作において、より一層安全対策に万全を期してまいります」としている。今回の企画の今後の放送予定については検討中だという。

みやぞんさん「火の輪くぐり成功してたのに」

 みやぞんさんは「ちょっとネタバレになっちゃいますが、今回のチャレンジ、実は成功していたんです! 見事、火の輪をくぐり、成功したと思ったのも束(つか)の間、着地と同時に足に痛みがあり、折れちゃったみたいですね…カルシウムが足りてなかったのかもしれません。ご心配をおかけして申し訳ございません。お医者さんと相談しながら、無理せず仕事は引き続きやっていこうと思います。これからも応援よろしくお願いします! 今まで通り前向きに、やるぞ~やるぞ~やるぞ~!」とするコメントを日テレを通じて出した。(黒田健朗)