[PR]

 昨年、東京都新宿区のNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)に出展した映像作家・吉開(よしがい)菜央さんの作品「Grand Bouquet(グラン・ブーケ)」が一部黒塗りで公開された件で、美術評論家連盟(南條史生会長)は26日付でICCを運営するNTT東日本などに公開質問状を提出した。

 質問状では、作品の外部からの検閲、変更や干渉は著作権や表現の自律性への侵害や損傷にあたると指摘。5月3日付の朝日新聞朝刊の記事に掲載されたNTT東日本側のコメント「不快にさせる可能性があれば原則的に変更をお願いしている」が事実かどうか確認した上で、「今後こうしたことが二度と生じないよう要請するとともに、今回の事案についての真摯(しんし)なご回答を希望する」と6月15日までの回答を求めている。NTT東日本広報室は「質問状については把握している。内容を精査中なので対応については回答を差し控えたい」としている。(千葉恵理子)