[PR]

 川崎市多摩区で28日、小学生らが男に刃物で刺され、多数が死傷した事件で、神奈川県警は死亡したのは小学6年の栗林華子さん(11)=東京都多摩市桜ケ丘2丁目=と、外務省職員の小山智史さん(39)=東京都世田谷区桜上水5丁目=と確認し、発表した。ほかに小学1~6年の児童16人と40代女性が重軽傷を負ったことも確かめられたといい、事件による死傷者は計19人となった。

 県警によると、男は28日午前7時40分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の路上で、登校中の小学生らを刃物で次々襲った。死亡した2人は首などを刺された。

 男は襲撃後まもなく、近くで自らの首を切りつけ、搬送先の病院で死亡が確認された。そばには血の付いた包丁が2本落ちていたという。県警はこの2本が事件に使われたとみて殺人容疑で捜査している。

 捜査関係者によると、男は川崎市麻生区の51歳とみられる。県警によると、両手に刃物を持ち、小山さんを背後からいきなり刺した後、スクールバスの乗降場所近くにいた栗林さんら私立カリタス小学校(多摩区)の児童や女性に襲いかかった。小山さんはカリタス小に子どもが通っていたという。小山さんの子どもにはけがはなかった。

 スクールバスの運転手が「何をやっているんだ」と怒鳴るとその場を立ち去り、自らを切りつけたという。現場に残された男のものとみられるリュックの中から、ほかに包丁2本が見つかったという。

 搬送先の病院によると、小山さんは背中や首などに計4カ所、栗林さんは首に1カ所の刺し傷が確認された。ほかの児童らも首や顔、胸などに切り傷や刺し傷があったという。

【動画】児童ら複数人が刺された川崎・登戸の現場周辺=熊倉隆広、恵原弘太郎撮影