[PR]

 2020年東京五輪のチケット抽選申し込みについて、大会組織委員会は28日、受付期間を29日の昼まで延長すると発表した。当初は、28日午後11時59分までとしていたが、29日の午前11時59分までに変更される。公式チケット販売サイトへのアクセスが集中したためという。

 組織委によると、27日夕方ごろからアクセスが集中し、手続きを待つネット上の「ウェーティングルーム(待合室)」では一時約1時間半待ちになった。28日夜にかけてさらに集中することが予想されたため、半日延長することを決めたという。28日午後8時半時点で、ウェーティングルームに約29万人が待ち、待ち時間は1時間以上と表示されていた。また、登録の完了を伝える通知メールが、5時間など遅れて届く例もあった。

 申し込みの受け付けは5月9日に始まり、申し込みに必要なID登録者数は約615万人(28日未明時点)に上る。抽選結果の通知は6月20日で、当選者は7月2日までに一括購入する必要がある。秋からは、ネットでの先着販売が始まり、来年春には都内の販売所で購入できる。(前田大輔、平山亜理

【動画】東京五輪チケットの抽選受付が開始。チケットはこれからどのように入手できるのか解説