写真・図版

[PR]

 緊張したり、疲れたりしたときに「体の臭いがいつもと違うな」と感じたことはないだろうか。ストレスや疲労で、皮膚から出ているガスの成分が変わることが分かり、研究や応用が進んでいる。暑くなり、体臭が気になる季節。どんな対策をすればいいのだろうか。

 2018年、資生堂が「ストレス臭」を特定したと発表した。性別や年齢に関係無く、面接や試験、プレゼンテーションなどで緊張したり、心理的にストレスがかかったりする状況で、特徴的な臭い成分を含んだガスが皮膚から発生するという。その成分はジメチルトリスルフィドとアリルメルカプタンの二つ。約300人分の体臭をかいで研究を続けた同社の勝山雅子さんは、ストレス臭を「ラーメンの上に浮いたネギの臭い」と表現する。

 同社の研究によると、ストレス…

この記事は有料会員記事です。残り1149文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1149文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1149文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!