[PR]

 子どもを産み、育てる自由を奪われた人たちの訴えは、司法に届かなかった。仙台地裁は28日の判決で、旧優生保護法を違憲としながら、国の賠償を求める原告の主張を退けた。同様の訴訟を起こす各地の被害者は「人生をどれだけめちゃめちゃにしたのか」と憤った。

 閉廷後、新里宏二弁護団長は険しい表情で語った。「違憲まではたどりついたが、救済につながらなければ意味がない。まだ通過点だ」。仙台地裁で提訴している70代男性は「悔しいです」と声を絞り出した。

 仙台市内で開かれた記者会見には、各地の原告や支援者150人以上が詰めかけた。車いすや手話通訳の人もいる中、60代の原告女性の義姉も落胆をみせた。

 判決は、子どもを産み育てるか…

この記事は有料会員記事です。残り1153文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1153文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1153文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!