[PR]

 NHKがテレビ番組を放送と同時にネットで配信することを可能にする改正放送法が29日の参院本会議で可決、成立した。NHKは今年度末にも常時同時配信のサービスを始める予定で、スマートフォンやパソコンなどで視聴できるようになる。

 NHKはいまの放送法で、災害報道や大規模なスポーツ中継などに限って同時配信しているが、法改正で対象が総合とEテレの2チャンネルの全番組に広がる。受信料を払っている人は追加負担はない。払っていない人が見ようとすると、契約を促すメッセージが表示される仕組みだ。

 NHKのネット業務の拡大をめぐっては、日本民間放送連盟(民放連)などが「民業圧迫」として反発してきた。改正法では、NHKには配信にかかる費用の公表などを義務づけ、届け出た実施基準が守られない場合は、総務相が勧告できるようにした。

 NHKは改正放送法の成立を受け、「放送と通信の融合時代でも、視聴者に信頼される『情報の社会的基盤』の役割を引き続き果たすよう取り組んでいく」とのコメントを出した。