[PR]

 ペットの犬や猫が増えすぎて、飼い主が対応できなくなる「多頭飼育崩壊」が山形県内でも相次いでいる。犬や猫の適正飼育の啓発や相談受け付けなどを行う愛護団体「置賜動物愛護推進連絡会」の代表山村牧子さん(48)に同行し、南陽市の現場を取材した。

 4月中旬の朝、山村さんと向かったのは60代の男性が一人で暮らしていた同市内の一軒家。

 男性は病気で昨秋から入院し、今年3月に亡くなった。男性の死後、市の職員が訪ねたところ、家の中に猫が24匹もいることが発覚。山村さんに支援を求める連絡が入った。

 山村さんが玄関の扉を開けた瞬間、糞(ふん)尿の強烈な臭いが鼻を突いた。猫の毛やほこりがこびりついた床の上を歩くと毛が舞い上がる。

 8畳ほどの居間で、山村さんがエサを補充すると猫が10匹ほど集まり、身を寄せ合ってエサを食べ始める。傍らには白骨化した猫の死骸。共食いしたとみられる。

 台所と居間を仕切る引き戸の木枠は猫が爪を研ぐため、すっかり細くなっていた。居間の窓際にはふんが20センチほど積み上がる。その上で差し込む光を求める猫たちが日なたぼっこをしていた。

 「猫は本来、きれい好きな動物なんだけどね」。山村さんはそうつぶやいた。

 地区の自治会長の男性は「まさ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら