[PR]

 29日午前6時55分ごろ、山口県美祢市西厚保町原の山中で、猟友会に所属する同市の男性(72)がクマに襲われ、頭を負傷した。

 県警美祢署によると、男性はほかの男性らとわなにかかったクマの写真を撮ろうとした際、わなが外れてクマに襲われた。搬送される際に意識はあったという。クマは体長2メートルほどで、山中に逃げた。

 美祢市消防本部によると、男性は頭と両足のふともも付近にけがを負い、重傷だという。

 山口県は29日、クマ出没警戒情報を発令。県や美祢市、県警でつくる緊急対策会議を開き、広報やパトロール対策を強化する。(金子和史)