[PR]

 厚生労働省は、がん細胞の遺伝子を調べ、患者ごとに最適な治療法を探る「ゲノム医療」の遺伝子検査システムについて、6月1日から公的医療保険の適用対象とすることを決めた。29日午前にあった中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)の総会で承認された。

 検査システムは、シスメックスが国立がん研究センターと開発した「NCCオンコパネル」と、中外製薬が扱う「ファウンデーションワンCDx」。公定価格はいずれも56万円にすることを決めた。

 がん細胞の遺伝子100種類以上を一度に調べ、どの遺伝子に変異があるかを解析できる。再発や進行で標準的な治療が受けられない患者や、小児や希少がんなど一部の患者が対象。両社は、対象患者をそれぞれ年1万3千人と予測する。最適な薬が見つかる可能性がある一方、その薬が承認されていない場合などもあり、治療につながるのは1~2割程度という。

 患者の同意を得た上で国立がん研究センターの「がんゲノム情報管理センター」に遺伝子情報を提供することが保険適用の要件。大学や企業の研究促進に役立てる。