[PR]

 ベビー用品を安売りしないよう小売店に求めたなどとして、メーカー最大手の「コンビ」(東京都台東区)と「アップリカ・チルドレンズプロダクツ」(大阪市中央区)に対し、公正取引委員会が独占禁止法違反(再販売価格の拘束)で排除措置命令を出す方針を固め、29日に2社に通知したことがわかった。

 関係者によると、2社はベビーカーやチャイルドシートなどの商品を出荷する際、自社が設定した価格から値引きしないよう小売店に強制したり、安売りしないことを承諾した店にだけ商品を卸したりしていた。違反行為は遅くとも数年前から続いていたとされ、公取委は2社に対し、取引先の小売店などに販売価格の制約をしないことや再発防止策などを求めるとみられる。

 安売りをしている販売店に商品…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら