[PR]

 川崎市多摩区の路上で28日に起きた殺傷事件では、登校中の小学生ら19人が十数秒の間に次々と襲われていたことが神奈川県警への取材でわかった。刃物で襲撃したとされる岩崎隆一容疑者(51)=直後に自殺=は終始無言のまま走って移動していたという。

 神奈川県警は29日午前10時ごろ、現場から西に約4キロ離れた川崎市麻生区多摩美1丁目の岩崎容疑者の自宅に殺人容疑で捜索に入った。なぜ事件を起こしたのか、捜索で押収した資料の分析などを通じて解明を進める。

 事件は28日午前7時40分ごろ、多摩区登戸新町の路上で発生。スクールバスを待っていた私立カリタス小学校6年栗林華子さん(11)=東京都多摩市=と、別の児童の保護者で外務省職員の小山智史(おやまさとし)さん(39)=東京都世田谷区=が死亡し、ほかにも保護者の40代女性とカリタス小の女児2人が重傷を負った。

 捜査1課などによると、岩崎容疑者は両手に刃物を持ち、小山さんを背後からいきなり刺した後、バス停近くで栗林さんら児童17人と40代女性を次々襲い、直後に自らの首を切って死亡した。この間わずか十数秒で、約50メートルの距離を走って移動していたことが、現場周辺の防犯カメラや目撃証言から判明したという。

 襲撃前後、岩崎容疑者が「ぶっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら