[PR]

 任天堂のゲーム「ポケットモンスター」で集めたキャラクターをインターネット上で保存でき、ほかのゲーム機に登場させて遊べるようになる。同社が出資するゲーム企画会社「ポケモン」が29日、クラウドを活用したサービスを2020年以降に始めると発表した。

 ポケモン社が開発するクラウドサービスの名前は「Pok●(●はeに<鋭アクセント>付き)mon HOME(ポケモンホーム)」。スマートフォン(スマホ)向けアプリ「ポケモンGO」とゲーム専用機「ニンテンドースイッチ」、「ニンテンドー3DS」のゲームソフトで集めたポケモンを、ネット上に保存しておけるようにするものだ。

 例えば、ポケモンGOでつかまえたポケモンを、ニンテンドースイッチのソフトのなかでも取り出して遊べるようになる。遊んでいるソフトやゲーム機を問わず、世界中の人々とクラウド上でポケモンを交換し合うこともできるという。

 いくつもの機器でポケモンを楽しんでいる人にとって、遊び方の幅がより一層広がる機能。ポケモンファン同士の交流もさらに活発になりそうだ。

 ゲーム専用機がなくても、スマホやタブレット端末で楽しめる「クラウドゲーム」は、グーグルの参入発表を機に注目されている。ポケモン社の石原恒和社長はこの日の発表会見で「次の挑戦として(保存するだけではなく)違った遊びができるようにしたい」と語り、クラウドを使った新たなゲームの展開に意欲を見せた。(久保田侑暉)