[PR]

 子ども3人に電気ショックを与えて虐待したなどとして、福岡県警は29日、北九州市小倉南区、無職後藤孝宏容疑者(45)を暴行と傷害の疑いで逮捕した。捜査関係者によると、子どもたちは調べに対し、10年近く虐待を受けていたと話しているといい、県警が余罪についても調べている。

 発表によると、後藤容疑者は2月26~28日、自宅で長女(当時17)と次女(同13)と長男(同11)の腕や手に電気ショックを与え、長男の手の甲にやけどを負わせた疑いがある。「しつけのためだった」と話し、容疑を認めているという。

 県警によると、後藤容疑者が使っていたのは遠隔操作ができる犬のしつけ用の通電装置とみられる。長女や次女には自分で腕に押しつけさせ、後藤容疑者が作動させていたという。

 後藤容疑者は約10年前に妻と結婚。長女と次女は妻の連れ子で、長男は実子という。長女が2月末、通っている専門学校に相談し、連絡を受けた児童相談所が3人を一時保護するとともに、警察に通報した。(狩野浩平)