[PR]

 絶滅危惧種をはじめ希少な生き物を見つけて繁殖させ、自然に戻す取り組みを、大阪府立枚方高校の生物飼育部が進めている。地域を巻き込んで、生き物の魅力や自然環境の大切さを伝えている。

 「幻の魚」とも言われるカワバタモロコ。メダカに似た日本固有のコイ科の淡水魚だが、ため池や農業用水路の改修で産卵場所が減ったり、外来魚の影響を受けたりして生息地が減り、環境省のレッドリストで2番目に絶滅の危険性が高い「絶滅危惧ⅠB類」に分類される。5月上旬、生物飼育部はその希少種の人工孵化(ふか)に成功した。

 部活中、顧問の三井裕明教諭(33)が水槽内を眺めていたところ、水草の葉の裏や茎に黄色い1ミリほどの卵を見つけた。孵化したての稚魚も確認し、カワバタモロコと特定した。「人工孵化は生物に適した環境や生態を知り、周囲に伝える第一歩」。そう胸を張る。

 カワバタモロコは、愛知県豊田…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら