[PR]

 夏目漱石(1867~1916)が若い読者向けに語った文学観を、聞き書きした文章が確認された。1908(明治41)年9月発行の雑誌「青年評論」第4号に、「文学志望者のために」という題名で掲載されていた。一部の要約は別の雑誌に掲載されていたが、全文の存在は研究者にも知られていなかった。

 漱石研究者の川島幸希・秀明大学長が雑誌を5月に入手した。

 「文学志望者のために」は6千字弱の文章で、聞き書きに漱石が「厳密なる添削」をしたと記されている。小説を書くために学問が必要かを問う「文学の基礎学」と、小説に作家の人格が反映するかを問う「作品と作家の人格」の二つのテーマに答えている。

英仏の文豪にも言及

 「文学の基礎学」では、小説を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら