[PR]

 2020年東京五輪のチケット抽選申し込みが29日午前11時59分に締め切られた。終了間際のアクセス集中に備え、28日午後11時59分までだった受け付けを12時間延長していた。公式販売サイトへのアクセス数は29日正午時点で2425万件を超え、申し込みに必要なID登録者は750万8868人に達した。

 抽選結果は6月20日にサイトで発表し、メール連絡もあるが、サイトのURLは記載しない。手紙や電話連絡はなく、組織委は「偽サイトや詐欺行為に注意してほしい」としている。当選者は7月2日までに支払い手続きをする必要がある。

 28日夜はサイト上の待合室に最大101万人が待機し、手続きに最長3時間半かかった。29日の締め切り時点で待合室に約28万人が待機していたが、午後1時7分にゼロになった。また、延長に伴うシステム設定の問題で、約1千人が二重申し込みした状態になった。どちらを生かすか個別に確認するという。

 チケットの総数は招致時の試算で780万枚。今回の申込件数や競技別の倍率などについて、組織委は「販売戦略に関わる」との理由で公表しなかった。当選したチケットを買わなかった場合、今夏に販売を予定しているパラリンピックのチケット抽選で不利になる。五輪チケットは今秋にサイトで先着順で、来春には都内の窓口でも販売される。