[PR]

 学校法人森友学園(大阪市)の補助金不正事件で、国の補助金など計約1億7千万円をだまし取ったとして詐欺罪などに問われた学園前理事長の籠池泰典被告(66)と妻諄子(じゅんこ)被告(62)の公判で、国の補助金申請窓口だった団体の当時の職員ら4人に対する証人尋問が29日、大阪地裁であった。証人尋問はこの日から始まり、7月までに19人が証人出廷する。

 検察側は、両被告が小学校建設のために金額を水増しした虚偽の契約書を設計業者に作らせ、補助金申請窓口の一般社団法人「木を活(い)かす建築推進協議会」に提出するなどして、国の補助金約5600万円を詐取したと主張。運営する幼稚園でも、府と大阪市の補助金計約1億2千万円をだまし取ったとしている。

 両被告側は、国への補助金申請は校舎建設の設計業者の主導で、だまし取る意図はなかったとして無罪を主張している。この日、法人の当時の担当者は弁護側の質問に対し、補助金申請のやりとりは設計業者とだけ行い、両被告とはなかったと証言。設計業者と両被告の関係については「聞いたことがない」と述べた。

 一方、この法人担当者に先立ち…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら