[PR]

 川崎市多摩区の路上で登校中の児童らが襲われ19人が死傷した事件で、刃物で襲撃したとされる岩崎隆一容疑者(51)=直後に自殺=について、川崎市は29日、岩崎容疑者の伯父や伯母ら親族から計14回にわたって相談を受けていたことを記者会見で明らかにした。同居していた高齢の伯父や伯母と岩崎容疑者はほとんど会話がなく、自宅に介護サービスの提供者が入った場合に、岩崎容疑者がどう反応するかを心配していたという。

 市精神保健福祉センターによると、2017年11月から今年1月まで、区役所などでの面談が8回、電話相談が6回あった。岩崎容疑者本人との接触はなかった。

 伯父と伯母は高齢であることから介護サービス導入を検討。岩崎容疑者とのコミュニケーションがほとんどなかったことから、外部の支援者が家の中に入ることに対して、岩崎容疑者がどう反応するのかと心配していたという。

 岩崎容疑者は長期間にわたって就労せず、伯父や伯母ともほとんど会話がない状態だった。ただ、伯父や伯母が食事を用意したり、小遣いを与えたりしたこともあり、険悪な状態ではなかったという。

 相談の結果、昨年6月から訪問看護などのサービスを開始。スタッフが家に出入りするようになっても、特にトラブルはなかった。

 同センターは「次の段階」とし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら