[PR]

 千葉県銚子市沖で26日未明、貨物船2隻が衝突し、愛媛県今治市の千勝丸が沈没した事故で、第3管区海上保安本部は29日、船内の捜索を終えたと発表した。行方不明者2人の手がかりはつかめていない。海保は今後もダイバーによる船周辺の海底捜索を続ける。

 千勝丸に乗船していた5人のうち船長は救出されたが、2人が死亡、機関長(69)と1等機関士(67)の行方がわかっていない。

 海保のダイバーが水深約30メートルに沈む船内から船体をたたくような音を27日に確認。生存者がいる可能性があるとして29日も朝からダイバーが船内に入った。

 海保は空気が残っている区域を含め、船内全てを捜索したが、行方不明者の発見には至らず、船内の捜索を打ち切った。今後は船周辺の海底を調べるほか、巡視船や航空機による捜索を続ける。