[PR]

 南直斗(なおと)さん(27)の机には毎日、持ち主の分からない品物が運ばれてくる。片方だけのイヤリング、高級腕時計、イニシャルの入った指輪。1日30点ほど、いずれも貴重品ばかりだ。

 ルーペも使って、模様や刻印といった品物の特徴をつかみ、パソコンに入力する。検索システムに登録された数百万件の遺失届のデータと一致すれば、持ち主に返すことができる。

 記録的な猛暑になった昨年夏の昼下がり。届けられたのは、黒いカメラバッグに入った一眼レフだった。鉄道会社からの申し送りのメモには「5日前、新幹線で職員が拾う」とあった。検索したが、届け出は見つからなかった。

 バッテリーが残っていた。手がかりを得ようと再生ボタンを押すと、ベビーベッドに寝かされた生後間もない赤ちゃんが画面に現れた。目を閉じた顔。あくびする顔。何度もシャッターが切られていた。

 赤ちゃんを抱く母親の姿もあっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら