拡大する写真・図版気温30度を超す中、部屋のベッドに横になるセグンド・ダーウィンさん。電気は断続的にしか供給されない=2019年5月25日、ベネズエラ北西部マラカイボ、竹花徹朗撮影

[PR]

 5月24日午後7時半、南米ベネズエラの北西部マラカイボ。車で走行した中心部の目抜き通りは、街灯も信号もともらず、周りの建物も真っ暗。まるで照明のないトンネルの中を走っている感じだ。

 マラカイボは石油産業の拠点として栄え、200万人以上が暮らすベネズエラ第2の都市だ。だが、この日は早朝から停電が続いていた。明かりのともった雑貨屋を見つけると、屋外で自家発電機が動いていた。

拡大する写真・図版ベネズエラ北西部マラカイボのスラムで、あばら屋のマットレスに横たわる住民の女性(48)。電気は断続的にしか供給されない=5月25日、竹花徹朗撮影

 世界最大の原油埋蔵量があるベネズエラは、かつて南米屈指の豊かさを誇った。だが、石油価格の下落と国家運営の失敗で経済が破綻(はたん)し、庶民が食料、医薬品、燃料を入手できない人道危機に陥っている。

拡大する写真・図版1977年に撮影されたベネズエラの首都カラカス=AP。70年代のベネズエラは石油輸出で潤い、報道の自由と民主的な政治体制が保障され、インフラも南米で最高レベルだった

 苦境に追い打ちをかけるように、今年3月、全土で数日間にわたって停電になった。約3カ月たった今も全面復旧には至らず、マラカイボのように各地で断続的に停電が続く。マラカイボでは水道も止まった。水道施設が電力を確保できないのが原因とみられる。

 5月25日午後6時すぎ、マラカイボ中心部のガソリンスタンドに5キロを超す行列ができていた。商店を営むネストル・ポルティジョさん(54)は並び始めて36時間が過ぎていた。「ガソリンの次は水くみ。その次は食べ物探し。生きるために仕事どころじゃない。ここは見捨てられた街だ!」

 この状況は、特に貧困層の人々を追い詰めている。

 同日午後、マラカイボ北部のス…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら