[PR]

――この10年間を振り返り、裁判員制度の評価は

 概略は良い制度。証拠開示の範囲が拡大し、立証がわかりやすくなった。だが法律の専門家と一般の人の常識が異なり、弁護側の意図が裁判員にうまく伝わらないことも。被告が若い場合、法律の専門家は「まだやり直しができる。社会で更生すべきだ」と考えるが、裁判員からは「若いからこそ繰り返さないように厳罰を」と言われた。丁寧な説明が必要だと感じた。

――制度の導入で、量刑は変化したと考えますか

 若干重くなっている印象がある…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら