[PR]

 日本のサッカーで初めて、世界最高峰の舞台に女性監督として挑んだ戦いは終わった。女子ワールドカップ(W杯)フランス大会で日本女子代表(なでしこジャパン)を指揮した高倉麻子監督(51)。日本サッカーのフル代表初の女性監督が指揮したチームは25日(日本時間26日)、決勝トーナメント1回戦でオランダに1―2で敗れた。目標の「世界一」は、来年の東京五輪で再び狙う。

 オランダ戦に敗れると、ピッチで選手やスタッフと肩を抱き合い、円陣を組んだ。いつも明るく振る舞う高倉監督の顔がわずかにゆがんだ。「非常に悔しいです」

 2011年W杯ドイツ大会で優勝した日本は、16年3月のリオデジャネイロ五輪の予選でまさかの敗退。再建を託され、16年になでしこジャパンの監督に就任した。08年から日本の育成年代の代表監督を務め、14年の17歳以下のW杯で優勝した手腕を買われた。

第1号ゴール、代表の10番 「お祭り女」

 選手時代から日本女子サッカーをリードしてきた。技巧派MFは、89年に始まった日本女子サッカーリーグ(現なでしこリーグ)で第1号ゴール。W杯の前身の91年第1回世界選手権では代表の10番を背負った。勝負どころで強く、「お祭り女」と称された。

 持論は「スポーツは自分で考えて、行動を起こして、努力をして、表現するもの」。監督として選手に求めたのは、自主性だ。自らの考えを選手に押しつけることを嫌った。

 現役だった30歳前後のころ。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら