[PR]

DMG森精機 森雅彦社長に聞く

 工作機械大手のDMG森精機は、ドイツ企業との経営統合を機に働き方改革を進めている。昨年末には「12時間インターバル制」を導入した。森雅彦社長にねらいや効果を聞いた。

 日本の生産性は悪い。そこで勤務時間の上限を12時間とし、退社から次の勤務開始まで12時間以上あけるインターバル制度を導入しました。

 制度は厳格に運用しています。勤務時間が12時間を超えると、パソコンにログインできなくなるようにしました。持ち帰っても仕事はできません。

 社員が何時間で退社しているか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも