AIよ、なぜこの株を買う 長期運用に挑戦させてみたが

有料会員記事G20大阪サミット

編集委員・堀篭俊材
[PR]

シンギュラリティーにっぽん

 自ら考え始めた人工知能(AI)。なぜそう考えたのか、その判断の根拠は人間にはわからない。「ブラックボックス」のままで、命や安全をゆだねることができるのだろうか。(編集委員・堀篭俊材

 「AIがなぜこの株式を『買え』と指示するのか。よくわからないんです」

 ヤフーの子会社アストマックス投信投資顧問で、シニアファンドマネージャーを務める広居卓也さんは、使い始めて2年半経った今も首をかしげる。

 同社の投資信託「Yjamプラス!」は、景気や企業の財務情報など普通の運用に使われるデータ以外に、ヤフーが集めるビッグデータを元にAIが株価を予測し投資先を決める。2016年末に運用を始め、5月末で国内の上場企業約180銘柄に投資、運用総額は約280億円に達する。

 ビッグデータとして使われる…

この記事は有料会員記事です。残り3312文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら