映画「翔んで埼玉」の監督、終わり方に込めた「ぞわっ」

有料会員記事

宮田裕介
[PR]

 埼玉県民が東京に行くには手形が必要で、「ダサイタマ、クサイタマ……」といった埼玉の自虐がふんだんに盛り込まれた映画「翔(と)んで埼玉」がロングランヒットを続けている。2月の上映開始から観客動員は286万人を超え、興行収入も37億円を突破した。

 フィクションとは言え、一歩間違えれば、地域差別ととられかねない危惧が、武内英樹監督にはあった。ところが、埼玉県民の反応はすこぶる良い。「もっとディスってくれ」と、地元をおとしめることを歓迎するような言葉が届く。

 映画のワンシーンで、幹線道…

この記事は有料会員記事です。残り1690文字有料会員になると続きをお読みいただけます。