[PR]

 双極性障害を知ってください――。神奈川県在住の女性(47)が「うつ時々、躁(そう)」(岩波ブックレット)を出版した。うつと躁の波に翻弄(ほんろう)されながらも家族や医師、SNSで出会った当事者らの支えで「寛解」に至る道のりをつづる。

 海空(みそら)るりさん(ペンネーム)は2012年夏、大学病院で「双極性障害」と診断された。

 きっかけは前年に起こった東日本大震災。心の底から怖くなり、夫(47)の制止を振り切って、4歳の長男と1カ月の次男を連れ、西日本の故郷へ向かった。

 へそくりで借りたマンションに着の身着のままの避難。それなのに、福島から避難してきた人々を助けようと、近隣住民に支援物資の提供を呼びかける活動に奔走し始めた。

 「次から次へとアイデアがわいて、しゃべり続け、夜も眠れない。疲労とストレスで突発性難聴になった」と振り返る。

 2カ月で資金が尽き、自宅に戻っても「絶好調」と感じていた。だがすぐに電池が切れたように起きられなくなった。我が子のおむつも替えられない海空さんを見かねた義父母が次男を預かっていったが、感情の起伏が一切なく、「悲しくも寂しくもなかった」。その状態が1年ほど続き、あまりにつらく、訪ねた大学病院で診断につながった。

 だがその後も再び躁の波が海空さんを襲った。うつだった1年間を取り戻そうと子どもたち向けのイベントを次々企画するうち、「調子が良くなった」と自己判断し、薬をのまなくなったのだ。

 家族で海外クルーズへと数千万円する見積もりを取ったり、1億円の豪邸を買う手続きを進めたり。長男の命が狙われていると思い込んで友人にかくまってもらい、他界した叔父と電話で話したと訴えた。奇行に気づいた夫が後始末に走り、病院を代理受診して入手した薬を妻の口に放り込んで、事態は収束した。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら