[PR]

 日本や欧米など7カ国の若者を対象にした内閣府の意識調査で、海外留学を希望する日本人は約3割と唯一、5割を下回った。最も多かったのは韓国で、6割を超えた。政府が近く閣議決定する「子供・若者白書」に盛り込まれる。

 昨年11~12月、日本、韓国、米国、英国、ドイツ、フランス、スウェーデンの13~29歳の男女に、学校や家庭などについての考えをインターネットで聞いた。各国それぞれ約1千人が回答した。

 将来、外国留学をしたいと思うかを尋ねると、「外国の高校や大学(大学院を含む)に進学して卒業したい」「半年から1年程度留学したい」「短期間の留学をしたい」と答えた人は、韓国65・7%、日本32・3%だった。「留学したいと思わない」が5割を超えたのは日本だけで、53・2%。最も少なかったのは韓国で22・0%だった。異文化理解力・対応力を「身に付けていると思う」は、日本が29・4%で最も少なかった。

 自分に満足しているかとの質問に「そう思う」と答えた人は、米国が最多の87・0%。日本は45・1%で唯一、7割を下回った。(浜田知宏)