[PR]

 福岡市博多区の市立千代中学校で開かれている自主夜間中学「よみかき教室」が22周年を迎え、5月29日に祝賀会があった。生徒やボランティア、市教委や市議会などからの来賓ら計約50人が出席。「これからも励まし合って学んでいこう」と思いを新たにした。

 教室は1997年5月、日本語の読み書きが不自由な在日コリアンのお年寄りらを支援しようと、教員ら有志が始めた。生徒の幅が広がり、現在は20~90代の約20人が週2回、水曜と金曜の夜に学んでいる。

 共同代表の大塚正純さん(66)は祝賀会で、この1年を振り返った。夜間中学をテーマにした特別展やシンポジウムが県内で開かれ、「多くの人に活動を知ってもらえた」と手応えを語った。今年4月には市教委の広報紙「ふくおかの教育」でも紹介され、「私も勉強できますか」という問い合わせの電話が増えたという。

 生徒を代表して、今年から通う…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら